道具は大事



毛糸を販売しようと思った時、取り扱う編み針はこれ!と決めていました。

それまでずっと2本棒針で編み物をしていましたが、数年前に「カウル」や「スヌード」という名の巻物が登場し、もちろん棒針でも編めなくはないけれど、輪針の方が編みやすいだろうと思い

近所の手芸店で買って編みました。

確かに編める、編めるのだけれど、どうにも編みづらい。好きな作家さんのパターンだったから何とか最後まで編んだけれど、「もう使うことはないな・・・」で終わりました。

ところがそれからしばらくして、(きっかけは忘れたけれど)この輪針の事を知りました。

商品説明に「addi Turbo(ターボ)と呼ばれている」と書いてあり

「またまたー、ターボは言い過ぎやろ・・・」と思いながらも使い始めると

「ターボやんっ!!」だったのです。

とにかく針とコードの継ぎ目がなめらかでストレスが皆無、針先が目を拾いやすくどんどん編める。軽くて疲れにくい。すぐに数種類買い足して、そのシーズンは本当に沢山編みました。後に世界中のニッターに愛されている針だという事も知りました。

道具で編み物の世界はグンと広がり、何より自分の技術不足を助けてくれる事を身をもって経験したシーズンでもありました。

もしも「使いづらいなぁ」と思いながら編まれているなら、一度試してみて下さい。

お店では試し編みできるよう、何種類かの編み針をご用意しています(毛糸もありますー)

長いブログも書けるじゃん・・・